第9回 高橋松之助記念「朝の読書大賞」「文字・活字文化推進大賞」
贈呈式

  • 公益財団法人高橋松之助記念顕彰財団が主催する第9回高橋松之助記念「朝の読書大賞」「文字・活字文化推進大賞」の贈呈式が10月29日午前11時より東京・千代田区のクラブ関東にて催されました。
受賞者全体写真
受賞者全体写真

 

  • 肥田美代子理事の挨拶
  • 主催者挨拶 肥田美代子理事
    主催者挨拶 肥田美代子理事
  • はじめに高橋松之助記念顕彰財団理事で文字・活字文化推進機構理事長である肥田美代子氏の主催者代表挨拶があり、受賞者の発表とお祝いの言葉を述べられました。
  • 祝辞
  • 来賓衆議院議員 細田博之氏の祝辞
    来賓衆議院議員 細田博之氏の祝辞
  • 来賓の衆議院議員で活字文化議員連盟・図書議員連盟会長の細田博之氏より、「読書の効用として、書物を読み自分の脳で咀嚼することにより、世の中を見る客観的な洞察力を得ることができます。また作者の豊かな物語世界を堪能することは人生の大きな喜びであります。常日頃から読書推進活動をされている受賞者の皆さまに敬意を表し、本日お集まりいただいた出版関係の皆さまのますますのご活躍を祈念いたします」とお祝いの言葉が述べられました。
  • 贈呈式
  • 表彰状の贈呈
    表彰状の贈呈
    表彰状の贈呈
    表彰状の贈呈
  • 選考顧問の上智大学名誉教授で読書人社長の植田康夫氏より選考経過の報告がなされた後、賞の贈呈が行われ、選考顧問で作家の井出孫六氏より、各受賞者に表彰状及び副賞が贈られました。
  • 受賞者挨拶
  • 受賞者挨拶 福米東小学校 浦林実校長先生
    受賞者挨拶 福米東小学校 浦林実校長先生
    受賞者挨拶 清教学園中・高等学校 森創校長先生
    受賞者挨拶 清教学園中・高等学校 森創校長先生
    受賞者挨拶 高松東高等学校 篠原達司校長先生
    受賞者挨拶 高松東高等学校 篠原達司校長先生
    受賞者挨拶 幕別町教育委員会 山岸伸雄教育部長
    受賞者挨拶 幕別町教育委員会 山岸伸雄教育部長
  • 「朝の読書大賞」受賞者の米子市立福米東小学校の浦林実校長は、「今回の受賞は行政の後押し、地域・保護者の支援、教職員の努力などが長い間継続されてきたからこその受賞だと感じております。児童や関係者の皆様と喜びを分かち合うとともに、お世話になった方々に感謝の気持ちを伝えるために、12月に『本大好き 東っ子集会』を開催します。この集会を通して、取り組みを継続しようとしたり、新たな取り組みにチャレンジしようとしたりする気持ちを高め、一層充実した朝の読書に邁進していきたいと思います。このたびは、本当にありがとうございました。」と述べられました。
  • 清教学園中・高等学校の森創校長は、「清教学園の毎日は10分の読書と礼拝の,静謐なひとときではじまります。朝の読書活性化の本校のキーワード『すくど』は『焚きつけ用の松の枯葉』です。終戦直後,清教学園の前身「清教塾」の中学生は学校創立という夢の実現に向け『すくど』を俵に詰めて売りました。このエピソードから読書のきっかけ,よき心の炎の『焚きつけ』となるよう,図書館の棚を『すくど文庫』と名づけました。今後とも『すくど』精神と朝の読書を通じ,一人ひとりの賜物をいかす教育をすすめてゆく所存です。」と述べられました。
  • 香川県立高松東高等学校の篠原達司校長は、「平成15年度に始めた毎朝10分間の読書は、司書教諭や学校図書館司書を中心に教員全体で協力しながら進めてきました。今では、生徒の読書に対する意識が高まり、本を開く姿が当たり前になっています。落ち着いて授業がスタートでき、遅刻者も減少しています。生徒たちの姿を見ると、毎日の朝の読書が、確実に心の栄養となっていることを実感しています。今回の受賞を励みとし、本年度末に完成予定の新校舎の図書館を新たな拠点として、これまで以上に朝の読書を充実させてまいりたいと思います。」と述べられました。
  • 「文字・活字文化推進大賞」受賞者代表の幕別町教育委員会教育部長の山岸伸雄氏は、「平成26年の図書館システム更新に伴い、幕別町図書館は、従来の貸出・返却を中心とした蔵書管理から、地域の情報編集センターを目指しております。多様な情報サービスの提供をコンセプトに、ホームページを含めたネットの力、魅力ある本棚構成を目指す本棚の力、多様な人に図書館運営に関わって頂く人材の力、この三つの力により、幕別町を発信してまいります。本日の光栄を期しまして、図書館と本、人がつながる読書コミュニティを進めていきます。」と述べられました。
  • 以上の式次第を持って式は終了、会場を中ホールから大ホールに移して祝賀会が催されました。
  • 祝賀会
  • 祝賀会 阿刀田高選考顧問 乾杯の挨拶
    祝賀会 阿刀田高選考顧問 乾杯の挨拶
  • 各受賞者の入場は拍手で迎えられ、選考顧問で作家・山梨県立図書館長の阿刀田高氏より乾杯の挨拶として、各受賞者の活動への賛辞とともに、特に若い子どもたちに読書の楽しさを伝えるべく、これからも共に頑張っていきましょうと祝辞を述べられました。祝賀会は120人を超える多数の出席者のなか、受賞者を囲んで賑やかに催されました。

 

【お問い合わせ先】

公益財団法人 高橋松之助記念顕彰財団
〒162-0813
東京都新宿区東五軒町6番21号 トーハン別館5F
TEL:03-5225-9711  FAX:03-5225-9722

リンク集

全国出版協会
出版科学研究所
朝の読書 全国縦断交流会
朝の読書ホームページ
広げよう『朝の読書』